• 月. 1月 18th, 2021

deai-goo

出会えると評判の優良なコミュニティー

Pairs(ペアーズ) のレビュー

ByDeai-goo-admin123

11月 24, 2020

恋活・婚活マッチングアプリ「pairs.lv」 ロマンチックな恋のお相手は気軽に安心して利用できる出会い系アプリで探してみましょう。
新しい恋を見つけてロマンチックな関係を築くためのアドバイス。新型コロナウイルスの影響で日本でも世界各地でも大きな影響を及ぼしました。仕事に大きく変化が出て忙しくなったり、常に緊張感を強いられたりする人もいれば、家で過ごす時間が増えて新しい趣味が増えた人もいるかもしれません。そんな中でも・・・

  • きっと好きな人と気軽に会うことができなくてもどかしかった人もいて、
  • 恋人と絆が深まった人も、上手くいかなくて涙流した人もいて、
  • 国境閉ざされて出会いの場を見つけられなかった人もいる。

それでも、まだきっとどこかにあなたを求めている人は見つけられます。あなたの背中をそっと押してくれる存在、それが出会い系サイト「pairs.lv」。https://pairs.lv

出会い系サイト「pairs.lv」の一般情報

日本ですでに定着している大人気の恋活・婚活マッチングアプリ。今まで自然に出会って恋愛してきた方には少し抵抗感があるかもしれません。それでも可能性を少しでも広げたい、気軽にデートしてみて相性を確かめてみたい男性にも女性にもとても安心して利用できるマッチングサービスを提供する出会い系サイトです。実際にかけがえのない出会いを提供し多くのカップルを生み出してランキング上位の「pairs.lv」。ここでは一般的な情報をご提供いたします。

  1.  会社概要

「pairs.lv」は株式会社エウレカ(本社:東京都港区)が運営する登録無料の国内外で安心安全に利用できる、恋愛・婚活マッチングサービスです。恋人を探している18歳以上の独身男女向けにオンラインデーティングサービスを提供しています。24時間365日オペレーター常駐体制で投稿の監視、充実したカスタマーサポートがあり、理想のお相手探しをサポートしています。現在「pairs.lv」を利用してご成婚、お付き合いに至ったカップルが30万人以上います。

  1.  サービス

登録無料で新しい出会いを探すためのアプリですが、結婚相手探しでご利用される方向けには有料会員サービスもあります。

 ・登録とプロファイルへのログイン

アプリの新規登録手続き・ログイン方法は大きく分けて3つの方法があり、①Facebookアカウント、②メールアドレス、③Apple IDのいずれかが必要となります。Facebookを利用して登録をした場合、「pairs.lv」アプリのサイト内で友人は非表示となりますので安心して利用ができます。

それでは「pairs.lv」アプリをダウンロードして始めてみましょう。年齢確認のためには生年月日を確認できる以下の身分証明書が必要となりますのでご準備ください。

  • 免許証
  • パスポート
  • 保険証
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 学生証(高校生は不可です)
  1.  Facebook

アプリをインストール後にFacebook認証画面が出てくるのでFacebookのID/パスワードでログインをします。ニックネームはpairs会員に表示されますので好きなプロフィール写真やニックネーム、居住地、生年月日を設定してください。次にいくつかの質問に回答していきます。まず身長を選択、職業や休日について、同居人の有無、喫煙の有無、結婚歴に関して選択してください。結婚の時期や年収、お相手の希望年齢を選択してください。最後に相手の希望の居住地を選択して無料会員登録完了です。

  1.  メールアドレス

登録するメールアドレスは携帯会社のキャリアメールでもフリーメールでもOKです。個人のメールアドレスを入力して次の画面へ進むと、[email protected]からメールアドレスの認証用メールが送られます。メール内に6桁の認証コードが記載されているので、そのコードをpairsのアプリに戻って10分以内に入力すれば完了です。

  1.  携帯電話番号

携帯電話番号を入力すると、その番号宛にSMSで認証コードが送信されます。Pairsの登録画面に入力します。認証が完了したら、facebookでの登録と同じようにニックネームや性別、生年月日、居住地などプロフィール作成のために必要なデータ、個人情報を入力していきます。

・パートナーを見つけてコミュニケーションを始める方法

それではパートナーを見つけたり、コミュニケーションを始めたりする使い方をみていきます。pairs.lvでは、毎月4500人に恋人ができているという口コミがあります。好みのタイプの女性や男性に出会える可能性が他のマッチングアプリに比べると高いと言えるでしょう。女性は基本的に無料で、男性は女性の検索機能を無料で行うことができます。自己紹介文やプロフィール写真をより注目されるように作成しておき、最大限に自分の魅力を相手に伝えられるように準備しましょう。

  1.  恋のお相手探し

作成したプロフィールを基に相手を探していきます。条件を設定して検索したり、コミュニティ機能を使ったりする探し方もあります。自分の趣味(音楽鑑賞が好き、お酒が好き、等)に合ったコミュニティに入って相手を探すことも可能です。プロフィールをみて「会ってみたいな」「良い人そうだな」と思ったら、「いいね!」を送ってください。相手に興味を持っていて連絡を取りたいという意思表示なので、相手からの連絡を待ちます。「いいね!ありがとう」を返してくれたらマッチングは成立です。その後pairs内でメッセージのやり取りを開始します。ただ、ここで注意していただきたいのが男性は有料会員でないと女性とのメッセージを楽しむことができないという点です。マッチングした女性からのメッセージを開封することもできませんので、男性は無料会員として「いいね!」を送ってアプリに慣れていきながら、徐々に有料会員としてマッチング成立させていくとよいかと思います。

訪問したプロフィールに自分の足あとが残りますので、お相手がその足あとを見て自分のプロフィールを見てくれるかもしれません。また自分のプロフィールを見てくれた人も足あとを見ればわかります。それは自分に興味が少しでもあるということなので、少しでも気になる方がいれば、ぜひ「いいね!」を送って交流してみましょう!

  1.  メッセージ交換

Pairsのユーザー層は比較的時間に余裕のある方から仕事に忙しい方それぞれですので、メッセージのやり取りは、やはり相手のことを考えた内容を送るのが望ましいでしょう。返信がなかなか来ない場合は我慢も必要になるかもしれませんが、相手のペースに合わせてやり取りを続けてみてください。学校や職場などでも気になる人ができればアプローチをしていくように、あなたのことが気になっているのでお話してみたい!といった気持ちを持ってアプローチをオンライン上で積極的に行いましょう。マッチングのお礼から始めて、どのような人物かをお互いに知っていけるように、マナーを守って礼儀正しく誠意をもってやり取りしてください。勉強や仕事、好きな趣味やお互いが興味を持っている話題などで徐々に距離を縮めて仲良くなっていきましょう!このコロナ渦の中でお互いがどのような生活を送っているかはすぐにはわからないはずです。現在の状況、体調やご家族についてなど、お互い気を使いながら連絡を取り合うことも重要かと思います。真剣なお付き合いを目指している方も大勢いらっしゃると思いますので、誠意をもって心も体も温かくなるような優しいメッセージを送ってあげてください。

  1.  デートのお誘い

メッセージを通しての交流がうまく続いてお互いに打ち解けてきたなと思ったら次のステップに移りましょう。実際に会うための約束をとってみましょう。食事の好みや好きな場所などを伺いながら、気軽にランチに誘ってみてはいかがでしょうか?ディナーに最初から誘うのも問題はありませんが、ファーストステップは中をより深める目的なので、お酒のある雰囲気のあるレストランがお互い好みであれば良いですが、まずは話しやすい場所でカジュアルな形でお誘いするのがより安心感を与えると思われます。焦らずにゆったりとした気持ちでお相手を誘ってみてください。マッチングが成立したとしても、お互いに両想いというわけではないのでメッセージをやり取りしながら、お相手の価値観を尊重し、その方のペースや好みに合わせて一歩一歩進んでいってください。

またアプリを積極的に利用している人、していない人を見分けるのも大切です。最終ログインが24時間以内の方を絞って検索することによって、pairsのアプリを活用して活発に恋の相手を探している人を表示させることができます。このような条件を利用することも「いいね!」を増やしてマッチングの機会を作るためには重要になります。デートまで行きつくための時間は人ぞれぞれですが、より可能性を広げるためにコミュニティーで価値観や趣味が同じ人を検索してみたり、恋活・婚活に積極的な人にアプローチしてみたり、より工夫をすることで良い結果が出てきます。素敵だなと思った人には、メッセージを継続的に続けて、より関係を深めたいと、直接会って話をしてみたいとスマートに気持ちを伝えてください。

  1.  恋愛関係を築く

もしデートを重ねてお互いのことを理解し合えるようになれば、お付き合いするかどうかはご本人次第です。いろいろな男性、女性とデートをしてみたい、まだ真剣な交際は考えていないという人も中にはいるかもしれません。どのような交際を考えているかをより詳しくプロフィールに書いて、お相手の検索の際にミスマッチをなるべく避けるよう工夫しておきましょう。交際や結婚の時期などの希望は重要なポイントなのですが、メッセージを通してでは確認できなかったり、実際にお会いしてからでないとお話しできなかったりすることも多くあると思いますので、デートを重ねて意思を確認し合いましょう。お互いに交際する意思があればゆっくりそのまま愛を育んでいってください。セックスだけの目的で近づいてくる人もいるようなので、注意は必要です。純粋に恋を探している人を故意に傷つける結果になるような付き合い方はやめておきましょう。価値観が合わないなと思えばまた別の方とデートをしてみて自分に合うパートナーを見つけましょう。新しい恋を見つけることができれば毎日の生活もより楽しくなると思います。心の通じ合う関係を築くこと、お互いを理解し合うには時間もかかりますし、相性を確認する過程が必要な場合もあります。恋愛はそれぞれのカップルによって進め方が異なりますので、それぞれのロマンスに合った関係を作っていってください。

 ・デザイン、利便性、機能性

オンライン上で出会いを探していると公言できる社会にはなりつつありますが、やはりまだ「出会い系サイト」に対する信頼性やネガティブなイメージをお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。自分が幸せになるために人を傷つけたり周りに迷惑をかけたりすることは論外ですが、自由にデーティングサービスを活用して恋人やパートナーを探していくことは時間を有効活用できるメリットもあり、とても楽しいものになると思います。実際に筆者の友人でもオンライン上のデーティングサービスを利用して交際が始まり、スムーズにゴールインした例はありますし、条件を絞って検索してお互いに気に入った人とデートすることは非常に合理的です。ただ、そのネガティブなイメージを払しょくするためにpairs.lvは以下の点に関して取り組んでいます。

  1.  デザイン

運営会社の雰囲気や安心感を持たせるようなカラーやデザインを心がけており、条件としても「身分証明書の提出」や「24時間365日の投稿監視」などユーザーに信頼を持ってもらえるような工夫があります。ウェブサイトやアプリでは、ティファニーブルーをブランドカラーとしており、クリーンで結婚を連想させるようにしているようです。現在一般参加型のサービス開発体制「Pairs and you」が始まり、Pairsの開発チームメンバーと共にサービス向上に向けて話し合う場が設けられています。詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

  1.  利便性

アプリなので夜寝る前にスマートフォンで少しだけ検索してみるとか、メッセージのやり取りなどをカジュアルに行うことができます。アプリの中でもランキング上位を常に保持する「Pairs.lv」は、「出会い系」とはいえどもアダルト系のサイトとは異なり、「いいね!」をアプリ内で集めていって気に入った方を食事に誘ってみるといった流れで交際に至るまで友人のようにコミュニケーションがとれます。使い方のおすすめはコミュニティーで同じ趣味の方や居住地など共通分野を探して検索かけてみることです。身近にいい人がいるかもしれませんし、新しい発見もあるかもしれませんのでぜひ試してみましょう。

  1.  機能性

どのような人物かユーザーの顔写真だけでなく「つぶやき」だとか、InstagramなどのSNSサービスを取り入れ使いやすいデザインになっています。使い勝手が良いのでおすすめです。

 ・アプリの特徴

出会い系アプリ

・出会うための料金、及び無料サービス

料金、有料

 ・アプリの安全性

 

 ・技術サポートに関して(よくある質問)

  1.  L

Lo

  1.  D

Du

・専門家の結論

ユーザーの口コミ、ランキング、専門家、累計会員数、おすすめ、比較、分析すると、統計によると、注意する、知っておくべき、理解することが重要、例えば、基準、標準、研究

 

  1. 婚姻率との関連

 

日本における婚姻率の年次推移を見てみると、昭和47年に最高の婚姻件数に達してから徐々に下降していき、令和元年には過去最悪の件数となっています。お見合いで結婚する文化が根付いていた日本では、年頃の女性はお見合いをしてお嫁さんとして男性の家に嫁ぐのが一般的でしたので婚姻率がある程度見込まれていたと思います。しかし女性が専業主婦にとどまらず社会進出が広がり、社会での活躍の場が広がってくるとともに婚姻率は下がってきます。要因は例えば家庭や子供を持ちにくい複雑な古い制度などの社会背景がありますが、自由に恋愛ができる時代だからこそカップル成立、また結婚までの道のりが難しくなってきた面も大いにあるといえます。

図3:厚生労働省 令和元年(2019)人口動態統計の年間推計(婚姻グラフ)参照

新しい文化に柔軟なようでまだ無意識的に変化を受け入れることが難しい部分があるこの日本社会において、結婚願望のある独身男女誰もが恋人やパートナーを見つけることのできるツールに気兼ねなくアクセスできるようになれば自然と出会いの場も広がり、今の姿の自分に似合った存在が見つかっていくのではないでしょうか。その解決口ともなるデジタルツールの開発をpairsは進めているのであり、社会や人々の変移の結果となった少子化社会に貢献しているといえるでしょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です